たかはし眼科
阪急摂津市駅より5分JR千里丘より15分大阪モノレール摂津駅より10分
〒566-0034 摂津市香露園33-10
第2三宅コーポ1F
Tel : 072-632-8600

疾患案内

緑内障について

緑内障とは?

緑内障は、何らかの原因で視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気です。
40歳以上の日本人の17人に1人が緑内障といわれています。
眼圧(目の硬さ)の上昇が原因のひとつと言われています。
しかし、最近は眼圧が正常であっても視神経が障害される「正常眼圧緑内障」が多いことがわかっています。

緑内障の種類

緑内障には詳しく言うと、いろんなタイプのものがありますが、大きく分けて「急性」のものと、「慢性」のものがあります。また、隅角(房水の通り路)が「狭い」タイプと、「広い」タイプがあります。
急性のものは突然、眼痛や頭痛が起こりますが、慢性のものはほとんど自覚症状がなく、進行してかなり視野の狭い状態になって初めて眼科を受診される場合も少なくありません。

緑内障進行の一例

緑内障の症状

◎殆どの場合、無症状です。
知らないうちに病気が進行していることが多く、視野も少しずつ狭くなっていくため、かなり進行しないと自覚しません。

◎急性閉塞隈角緑内障だけは痛みで発症し、早急な治療が必要となります。

緑内障の検査

緑内障の検査としては、「眼圧検査」「眼底検査」「視野検査」「OCT検査」などがあります。
これらの検査を総合して緑内障かどうかを診断し、また治療方針を決定します。

緑内障の治療

自覚症状がない緑内障に対して、最も重要なことは早期発見・早期治療です。一度障害された視神経をもとにもどす方法はなく、病気の進行をくい止めることが目標となります。したがって出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。

薬物療法(目薬・飲み薬)

ほとんどの緑内障を治療するときの基本は薬物療法です。効果を観察しなから、点眼薬を変更したり、複数の点眼薬を併用したりすることもあります。緑内障の治療薬は眼圧や視野検査、身体の状態によって細かく使い分けられていますので、医師の指導に基づいた治療を行うことが重要です。

レーザー虹彩切開術(LI)

閉塞隅角緑内障では、急性緑内障発作や緑内障の悪化を防止する目的で、虹彩(目の茶色の部分)にレーザーで小さな穴を開けて、房水の適切な循環を促進しますが、ある一定以上進行すると水晶体再建術(白内障手術)が必要なことがあります。

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

開放隅角緑内障では、房水の排泄路である線維柱帯に照射することで房水の流出を促進し、眼圧を下げます。
‣選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)について詳しくはこちら

手術

薬物療法やレーザー治療を行っても視野障害が進行を防げないと考えられる場合には手術が行われます。

緑内障のタイプやそれぞれの人に適した治療方針を決定してゆくことがとても重要です。

Features

初めてご来院の方へ
日帰り白内障手術について
ご家族の方へ~当院の白内障手術~

診療時間

診療時間 日・祝
AM9:00~12:00 手術
PM3:30~ 6:30 手術
火曜:手術日 木・土曜午後、日・祝日休診

アクセス

スタッフブログ
PAGE TOP