医院紹介

  • HOME > 
  • 医院紹介

院内紹介

設備紹介

検査室

光学式眼軸長測定装置 OA-2000

光学式眼軸長測定装置 OA-2000

白内障の手術を行う際に必要となる眼軸長、角膜の形状などを数値化して測定することのできる装置です。従来のタイプより短時間で測定できるようになっています。

ウェーブフロントアナライザー KR-1W

ウェーブフロントアナライザー KR-1W

視力低下の原因となる乱視成分の検出に加え、より適切な眼鏡・コンタクトレンズ・眼内レンズの選択のための角膜形状の測定や眼球全体の屈折情報の取得などができる装置です。

オートレフケラト/トノ/パキメータ TONOREF® III

近視、遠視、乱視に加えて眼圧、角膜厚、調節力を測定する装置です。そのほか、角膜形状の測定、円錐角膜の診断、コンタクトレンズの処方などにも役立ちます。

ノンコンタクトタイプトノメーター CT-90A

ノンコンタクトタイプトノメーター CT-90A

眼圧を測定する装置です。さまざまな場面において活躍します。
緑内障の早期発見にも役立ちます。

角膜内細胞撮影装置 NONCONROBO Ⅱ

角膜内細胞撮影装置 NONCONROBO Ⅱ

角膜内皮細胞をデジタル撮影し、細胞密度を測定する装置です。
コンタクトレンズを装用した際、白内障手術後などにおいて、細胞の変化がないかを観察することができます。

スウェプトソースOCT DRI OCT Triton

スウェプトソースOCT DRI OCT Triton

三次元の眼底写真と網膜の断層画像を一度に撮影できる、最新の装置です。OCTアンギオも装備しており、造影剤を用いずに網膜や脈絡膜血管の撮影が可能です。

カールツァイス 視野計 ハンフリーHFAⅡ

カールツァイス 視野計 ハンフリーHFAⅡ

短時間で精度の高い視野検査を行うことのできる装置です。
緑内障の診断・経過観察にも役立ちます。

超音波診断装置 TOMEY UD-6000

超音波診断装置 TOMEY UD-6000

超音波にて眼球内の状態を三次元的に観察することのできる装置です。
高度に進行した白内障の手術が必要になった際は、OA2000のデータと合わせることで、より適切な眼内レンズを選択することが可能になります。

CASIA2

非接触・非侵襲で前眼部の3次元撮影が可能な前眼部OCT。感染リスクの少ない検査方法です。水晶体までの断面像や、角膜の形状を計測する最新式の検査装置です。

icare PRO

小児や車椅子患者さんなど、既存の眼圧計で正確に測定できない方も、測れるようになっています。

レーザー

グリーンレーザー ellex Integre

グリーンレーザー ellex Integre

網膜光凝固術、レーザー線維柱帯形成術、虹彩切開術などの際に使用する、光凝固装置です。
20年以上の研究によって蓄積されたデータ、技術が活かされた確かな効果を発揮します。

SLT/YAG レーザー ellex Tango

SLT/YAG レーザー ellex Tango

後発白内障治療、緑内障治療に使用するレーザーです。
低侵襲での処置が可能となるため、患者さんのご負担も抑えられます。

手術室

超音波白内障手術装置CENTURION®VISION SYSTEM

最新の超音波白内障手術機器を導入しております。独自の超音波発振機能である OZil®、トーショナルフェイコ(横方向の超音波発振)により、水晶体を短時間で効率よく砕き、吸引できるようになりました。特に重症の白く濁った硬い白内障でパフォーマンスを発揮します。
水晶体の処理時間が短くなり、創口がきれいな手術を行うことができます。
目に優しく、手術効率がよく患者様の負担が減り、安全な白内障手術を行うことができます。

白内障手術用超音波ハンドピース CENTURION® ACTIVE SENTRY®

白内障手術用超音波ハンドピースは、内蔵されたセンサーで、手術中の眼圧の変動をいち早く検知します。眼圧の変動に応じてリアルタイムに灌流液の注入量を自動調整し、眼圧を一定に維持します。
また、手術中の眼圧の変動を抑えることで、破嚢(眼内レンズを支える水晶体の後面の膜が傷ついたり、破れたりすること)や合併症などの術後結果に影響を及ぼすようなリスクを軽減します。

硝子体手術装置Alcon ACCURUS

硝子体手術装置Alcon ACCURUS

高速度カッターを備えた、硝子体手術に使用する装置です。
25Gシステム硝子体手術にも対応しており、難症例とされる白内障の手術も可能です。

手術用顕微鏡 カールツァイスOPMI Lumera T

手術用顕微鏡 カールツァイスOPMI Lumera T

眼内を明るく観察することのできる顕微鏡です。医師はより正確に眼内の状態を知ることができます。
眼の手術において、顕微鏡の性能はその結果を大きく左右します。

眼底観察システムカールツァイス Resight700

眼底観察システムカールツァイス Resight700

広い視野を確保しながら手術の正確性を高めてくれる、広角眼底観察システムです。
特に硝子体手術などの際に活躍します。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 072-632-8600お電話でのお問い合わせ 072-632-8600