コンタクトレンズ・眼鏡の処方

  • HOME > 
  • コンタクトレンズ・眼鏡の処方

取り扱いコンタクトレンズ

取り扱いコンタクトレンズ

ソフトコンタクトレンズ

2ウイークアキュビュー ワンデーアキュビューモイスト
ワンデーアキュビューモイスト乱視用 アキュビューオアシス
ワンデーアキュビューオアシス アクアロックス
シードワンデーピュア うるおいプラス バイオトゥルーワンデー
バイオトゥルーワンデートーリック メダリストプラス
メダリスト66トーリック

ハードコンタクトレンズ

サンコンマイルドII サンコンマイルドUV
サンコンマイルドEpi サンコンマイルドiバイフォーカル

眼鏡の処方

眼鏡の処方医師の診療で自分に合った眼鏡を 眼鏡をつくる、つくりかえるというときには、眼鏡の販売店に行く前に、眼科で医師の診療を受けましょう。 正確な視力検査を行い最適なレンズを選ぶためには、とても大切なことです。また、視力低下の原因となっている病気が見つかるということもあります。当院では国家資格を持った視能訓練士が眼鏡処方をしております。 それほど頻繁につくるものではないからこそ、そのたびに眼科で正しい検査を受けてください。快適に・安心して眼鏡を使用していただけるよう、たかはし眼科が精一杯サポートいたします。

中高年の方の眼鏡

加齢によって、目のピントの調整力は少しずつ衰えていきます。そして40歳を過ぎたころから、老眼の症状が現れます。
またその年代になると、白内障や緑内障が原因となって視力低下を起こしているケースも少なくありません。「老眼だから」「歳だから」となんとなく放置するのではなく、眼科で適切な検査を受け、必要であれば治療を受け、ご自身のライフスタイルに合ったレンズを見つけましょう。

お子様の眼鏡

お子様の場合は、見えにくさを感じても「こういうものだ」と受け入れてしまうことがあります。ピントを合わせるために大きな調整が必要になることは、目の疲れ・身体の疲れなどにつながります。学習面や運動面の成長を妨げることも少なくありません。
学校などで行われる視力検査の結果が悪かったときはもちろんですが、以下のようなご様子が見られましたら、一度当院にご相談ください。

  • 遠くを見るときに目を細めている
  • 顔の角度を変えて横目で物を見ている
  • 目や身体が疲れやすいようだ
  • 集中力が続かない(特に読書やお絵描きなど)
  • 眠くないのに目をこする
一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 072-632-8600お電話でのお問い合わせ 072-632-8600