糖尿病網膜症

  • HOME > 
  • 糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症とは糖尿病網膜症とは、糖尿病の三大合併症と呼ばれる病気の1つです。(あとの2つは、糖尿病腎症と糖尿病神経障害)
ほとんど症状のないうちに進行し、網膜剥離、緑内障、最悪の場合には失明へと至ります。糖尿病と診断された時点で、糖尿病そのものの治療はもちろん、糖尿病網膜症を含めた合併症の予防を開始することが大切です。
たかはし眼科では、糖尿病網膜症の予防・治療を行っております。糖尿病と診断されたばかりの方も、糖尿病と診断を受けたあと目の症状が気になるという方も、お気軽にご相談ください。

糖尿病網膜症の原因

網膜には、たくさんの毛細血管が存在します。
糖尿病によって血中の糖分が多くなると、その粘り気の強い血液が血管を詰まらせたり、血管の壁に負担をかけます。
網膜に十分な血液が行き渡らないことから、酸素・栄養が不足し、糖尿病網膜症の症状をきたします。また、出血によって視野の狭窄を起こすこともあります。

糖尿病網膜症の症状

糖尿病網膜症の症状

  • 目のかすみ
  • 視力低下
  • 黒い点や線が視野に見える(飛蚊症)
  • 視野の狭窄
  • 失明

失明はあくまでも最悪のケースですが、依然、そこまで進行してしまう方もおられます。
その他にも症状を挙げておりますが、特に初期にはほとんど自覚されることなく進行します。症状のないうちから糖尿病網膜症を発見・治療するには、やはり糖尿病と診断された時点から、定期的に眼科を受診することが重要になります。

糖尿病網膜症の検査

糖尿病網膜症の検査眼底検査を行い、診断します。
糖尿病と診断を受けた方は、少なくとも年に1度は眼底検査を受けるようにしてください。

糖尿病網膜症の治療

網膜症の進行の程度に応じて、以下のような治療を行います。
血糖コントロールにつきましては、いずれの段階であっても欠かせない治療となります。

血糖コントロール

食事療法・運動療法・薬物療法による血糖コントロールです。
糖尿病治療の基本でもありますので、かかりつけの先生の指導に従い、治療を継続してください。

抗VEGF療法

抗VEGF療法抗VEGF薬を硝子体腔に注射し、糖尿病で生じた網膜浮腫を軽減する治療です。

レーザー治療

レーザー治療糖尿病で血管が詰まり傷んでしまった網膜を焼き固めて新生血管を退縮させる「網膜光凝固術」を行います。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 072-632-8600お電話でのお問い合わせ 072-632-8600