眼精疲労

  • HOME > 
  • 眼精疲労

眼精疲労とは

眼精疲労とは眼精疲労とは、単なる目の一時的な疲れではなく、目を使う作業や疾患などによって、目の痛み、かすみなどの症状をきたし、休養を経てもそれらの症状が慢性的に続いている状態です。
頭痛、肩こり、吐き気などの症状を伴うこともあり、生活の質や作業効率の低下を招きます。

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因には、さまざまなものがあります。多くは、複数以上の原因が重なって発症します。

眼の酷使

  • モニターを見つめながらの作業
  • タブレット、スマートフォンの長時間使用
  • 集中力を要する細かな長時間の作業ストレス

パソコン・タブレット・スマートフォンの長時間の使用、またテレビ視聴・テレビゲームなどによって、私たちはさまざまな場面で眼を酷使しています。これらも、眼精疲労の原因となります。

眼鏡・コンタクトレンズ

  • 度数が合っていない
  • 必要である眼鏡・コンタクトレンズを使用していない

眼鏡やコンタクトレンズの度数が合っていなかったり、必要であるはずの眼鏡・コンタクトレンズを使用していないと、物を見るときにピントの調整が大きくなり、眼精疲労の原因となります。

主な検査

主な検査視力検査、眼圧検査、眼底検査、調節検査などを行い、総合的に診断します。
※眼鏡やコンタクトレンズが原因となっていることもありますので、お持ちである方は、受診の際にご持参いただきますようお願いします。

治療

点眼薬

点眼薬ピントを調整する役目を担う筋肉(毛様体筋)をリラックスさせる点眼薬、ビタミン点眼薬などを使用します。

眼鏡・コンタクトレンズの処方

眼鏡・コンタクトレンズの処方眼鏡やコンタクトレンズが合っていないという場合には、その処方を行います。
日常的にモニター作業を行う方の場合には、コンタクトレンズより眼鏡の方が適していると言われています。コンタクトレンズから眼鏡への変更も、選択肢のうちの1つです。
その他のケースにおいても、患者さんのライフスタイルやご希望をおききした上で、適切な処方をいたします。

目の病気の治療

斜視・不同視やドライアイなど目の病気を原因とする場合には、その病気の治療を優先して行います。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 072-632-8600お電話でのお問い合わせ 072-632-8600