後発白内障のレーザー治療

  • HOME > 
  • 後発白内障のレーザー治療

後発白内障とは

水晶体を包んでいる袋を「水晶体嚢」といいます。白内障手術では、水晶体嚢の中の濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを埋め込みます。
白内障手術後に、この水晶体嚢の裏側が濁ってくることがあり、これを「後発白内障」と呼びます。視力の低下や目のかすみなどの症状をきたします。白内障と似た症状であることから、白内障が再発した、と思われる方もおられますが、水晶体は手術により取り除いていますので、正確には白内障の再発ではありません。
後発白内障は、白内障手術を受けた方であればどなたでも起こりうるものです。症状の程度には個人差がありますが、症状が強い場合には、治療が必要となります。

後発白内障に対するレーザー治療たかはし眼科では、後発白内障に対するレーザー治療を行っております。日帰りでの治療であり、数分で終わる処置です。治療中・治療後の痛みもなく、治療翌日には視力が回復しますので、日常生活への影響も最小限に抑えられます。
白内障手術ののち、手術前と似た症状が現れたときには、お気軽に当院にご相談ください。

後発白内障の原因

白内障手術では、水晶体嚢に穴を開け、そこから水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを埋め込みます。
眼内レンズを入れたあと、水晶体嚢には水晶体の上皮細胞が残っています。この上皮細胞が増殖し、水晶体嚢の裏側まで拡大することで、濁りが生じ、視力低下などの症状をきたします。

白内障手術を受けた方のうち、手術後1年以内に約1割、3年以内に約2割、5年以内に約3割の方が後発白内障を発症するといわれています。中には、手術後数週間で発症するケースも見られます。

後発白内障の症状

  • 視力低下
  • 目がかすむ
  • 物がぼやけて見える
  • 光がやけに眩しく感じられる

白内障と同じように、これらの症状が徐々に進行します。白内障と似たような症状に気づいたときには、早めにご相談ください。
手術後も定期的に検査を受けることで、早期発見・早期治療が可能です。

後発白内障の治療

後発白内障は、外来でのレーザー治療が可能です。治療中や治療後の痛みもなく、5分程度で終了する処置です。 すぐに日常生活へと復帰し、翌日には視力の回復・かすみの軽減をご実感いただけます。

後発白内障のレーザー治療

点眼麻酔をかけた上で、専用のコンタクトレンズを装用し、レーザーを照射することで水晶体嚢の濁りを除去します。
治療に要する時間は5分程度で、治療中・治療後とも痛みもありません。レーザー照射の翌日と約1~2週間後、経過観察のためにご来院いただきます。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 072-632-8600お電話でのお問い合わせ 072-632-8600