多焦点眼内レンズ

  • HOME > 
  • 多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズとは

多焦点眼内レンズとは遠近両用の眼内レンズです。遠方と近方の両方にピントを合わせることが出来るので、眼鏡の使用頻度をかなり減らすことができ、煩わしい眼鏡のかけはずしを解消することが可能です。多焦点眼内レンズは若い頃のように、眼鏡なしで見たい距離にピントを合わせられるわけではありませんが、おおむねどの距離にもピントを合わせることが可能です。 ただし、単焦点眼内レンズのピントを合わせた距離の見え方と比べると、やや見えにくくなります。

見え方の比較

単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズ

  • ピントが合う距離が1つ
  • 見える範囲狭い
  • 手元か遠くのどちらかのみピントが合う
  • 見える質良い
  • ピントが合う1点はとてもよい
多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズ

  • ピントが合う距離が複数
  • 見える範囲広い
  • 手元から遠くまで見える
  • 見える質おおむね良い
  • ピントがすこしあまい

眼内レンズの度数を決めるために黒目の表面のカーブの具合と目の長さを測りますが、多少誤差が入ることがあります。そのときはピントの合う距離が目標の地点よりも遠くなったり近くなったりしますが、ある程度の誤差については手術後眼鏡で調節します。

多焦点眼内レンズが向いている方

多焦点眼内レンズは「日常生活の中でできるだけ眼鏡を使いたくない方」に向いているといえます。遠くも近くも、おおむねスムーズにピントを合わせることができます。

事前にご留意いただきたいこと

  • 遠近の両方にピントを合わせやすい多焦点眼内レンズですが、単焦点眼内レンズでピントが合ったときと比べると、ややピントが甘くなります。
  • 上記の見え方が“気になるかどうか”は個人差があり、手術前に正確に把握することはできません。

多焦点眼内レンズの種類と特徴

※スクロールで全体を表示します。

※スクロールで全体を表示します。

製品名 シンフォニー レストア パンオプティクス
レンズの画像
構造・焦点 回折型・焦点拡張 回折型・2焦点 回折型・3焦点
特徴 EDOFで近くも強い 2焦点近見重視 バランス良い
焦点の距離 遠方、中間 遠方、近方 遠方、中間、近方
向いている作業と見え方 運転・PC作業 読書 読書
ハローグレア 弱い 強い 強い
生産国・メーカー アメリカ・AMO社 アメリカ・アルコン社 アメリカ・アルコン社
選定療養

費用について

多焦点眼内レンズを用いて行う白内障手術は、令和2年の3月末に先進医療の枠組みから外され、「選定療養」になりました。
そのため、多焦点眼内レンズは「患者さんが選択して受ける追加的医療サービス」ということとなり、通常の保険診療で使用する眼内レンズとの差額のみが自費診療、そのほか投薬を含めた治療はすべて保険診療が適用されます。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 072-632-8600お電話でのお問い合わせ 072-632-8600