網膜静脈閉塞症

  • HOME > 
  • 網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは

網膜にびっしりと張り巡らされている動脈・静脈は、網膜の正しく機能させるための栄養や酸素を運んでいます。
その網膜の静脈が閉塞してしまった状態が、網膜静脈閉塞症です。静脈が閉塞すると、血液の流れが滞ります。栄養・酸素を運べないばかりか、眼底出血や浮腫、さらには硝子体出血などをきたすこともあります。
高血圧・脂質異常症またそれらに伴う動脈硬化が主な原因だといわれています。以前は高齢の方に多く見られましたが、近年は40~50代で発症するケースも増えています。

網膜静脈閉塞症の症状

網膜静脈閉塞症の症状

  • 視力の低下(ときに急激に)
  • 物が歪んで見える
  • 視野が欠けている

症状の程度については、静脈が詰まった部位によって差があります。末梢で閉塞している場合には、ほとんど症状が現れないこともあります。一方で網膜の中心で閉塞が起こった場合には、視力低下などの症状が急激に進行することがあります。

網膜静脈閉塞症の検査

網膜静脈閉塞症の検査

眼底検査やOCT検査で診断します。
当院では造影剤を使用せずに血管撮影が可能なOCTアンギオを用いて血管閉塞の範囲を測定しています。

網膜静脈閉塞症の治療

閉塞の部位や症状の程度、年齢、お身体の状態などに応じて、以下のような治療を行います。

内服治療

出血を抑えるお薬の内服治療です。

抗VEGF療法

抗VEGF療法抗VEGF薬を硝子体腔に注射し、血管からの血液漏出を防ぎ、網膜・黄斑の浮腫を軽減します。

レーザー治療

レーザー治療レーザー照射により網膜を焼き固める「網膜光凝固術」を行います。浮腫や新生血管の発生を抑制します。

一番上に戻る
お電話でのお問い合わせ 072-632-8600お電話でのお問い合わせ 072-632-8600